2013年11月07日

【東日本大震災】レポートNo.232

9月末から、再び岩手県に入った増島のレポートをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  2013年10月
…………………………………………………………………………………
 翌日の朝は、ちょっと早起きをして遠野の新里豆腐さんのできたて寄せ豆腐を食べに行きました。おばちゃんが豆乳ににがりをいれる作業中、「あっ!失敗した!」と、叫んでいました。私たちは大丈夫かなと思ってみていると、「もう一鍋作るから、ちょっと待ってて!」と言われ、待っていると今度はうまくいったようです。おばちゃんは「"目感"でやっているから、時々失敗するんだ」ということでした。

のぞき込む二人_s.jpg

完成_s.jpg

 それから、できたての豆乳と寄せ豆腐を頂きました。お豆腐はどんぶりほどの器にいれてくれて、ほかほかの湯気を漂わせながら、ほおばりました。大豆の甘さが引き立ちとってもおいしいお豆腐でした。

おいしい_s.jpg

おばちゃん_s.jpg

 そして、その後津波の年に一年間「まけないぞう」の先生として、遠野から沿岸に毎日一緒に走り回ってくれた「ふきのとうの会」のみなさんに会いに行きました。田中さんお手製のアルバムを披露してもらいました。世界に広がるぞうさんの輪に驚きと共に笑顔が広がります。

ふきのとうの会_s.jpg

 それから、遠野の仮設へお邪魔しました。こちらでも田中さんがアルバムを披露し、「これじゃ、やめられないね〜、こんなに広がっているんだね。作っていても売れないと悪いからね」と心配してくれてたのも、たくさんの支えてくれている人たちがいることに安心して、ぞうさんづくりに励んでくれそうです。

記念撮影_s.jpg

 田中さん、アイルランドからお越しいただき、そしてmakeanizoneみなさんありがとうございました。またこれからもよろしくお願いします。

田中さん_s.jpg

箱山さん_s.jpg

(終わり)
posted by 被災地NGO恊働センター at 08:33| ★「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする