2018年12月13日

【東日本大震災】レポートNo.290

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  12月11日 
……………………………………………………………………………………

 12月11日は震災から7年9ケ月が経ちました。11日付の東海新報では「東日本大震災の被災者が入居する岩手県内の災害公営住宅で、今年の孤独死件数が10月31日現在で過去最多の15件に上っていることが分かった。」と伝えていました。年々災害復興住宅での孤独死が増えているそうです。環境の変化による孤立化などが原因のようです。今後もコミュニティづくりや生きがいづくりなど丁寧な支援が必要です。

復興住宅_s.JPG

まけないぞうの回収では、いつもお世話になっている釜石市の不動寺さんから支援物資をお預かりし、作り手さんにお届けしています。「7年も経ってこうして来てもらえてありがたいね」「まだ、こうやって物資をくれる人があるの??」などの声を聞きます。
Makenaizoneのみなさんからのお手紙をお届けすると「まだ、ぞうさんがあちこちに飛び立ってるんだ」「まだ、こうやってぞうさん買ってくれてるんだね」など、みなさんとても感謝してくれます。被災者の人たちを忘れていない気持ちを受け止めてくれています。

お手紙_s.JPG

帽子_s.JPG

リング_s.JPG

12月11日の月命日はその不動寺の森脇妙紀住職補佐が、当時津波で40名の職員が犠牲になった大槌町役場で祈りを捧げました。私もまけないぞうの作り手さんとともに、祈りを捧げました。大槌町役場は解体を予定されています。

大槌町_s.JPG

毎日新聞(2018/12/12)には役場で犠牲になった遺族のコメントが紹介されています。「吉子さんは旧庁舎を残すことが『大槌の子どもたちの命を守る』ことにつながる。それが娘の意思と改めて思った。人志さんは『町長は娘をはじめ部下や同僚が亡くなって津波の高さが一目でわかる、旧庁舎の時計台だけでも残そうと思わないのか』と憤った。」と述べています。また「解体前に役場職員だった娘の死亡状況を検証し尽してほしい。何より『町長自身が真実に向き合ってほしい』と要望した。」と伝えています。そして、「両親は『さまざまな思いを持つ遺族同士、ゆっくり話し合う機会を持ちたい』と自宅の電話番号(0193-28-1666)を公表して、遺族からの連絡を待つ」とも伝えています。被災地でも多くの震災遺構が取り壊されていく中で、保存してほしいという声も聞こえてきます。遺構を残す残さないの二者択一ではなく、このご両親が言うように「真実に向き合ってほしい」ということがとても大切だと思います。

お参り1_s.JPG

お参り2_s.JPG

お参り3_s.JPG

お参り4_s.JPG

阪神・淡路大震災では、神戸の街中にはその遺構はほとんどありません。もしもっと遺構があれば、震災の教訓を伝え、犠牲になるいのちを減らせることもできたかもしれません。広島の原爆ドームように次世代の子どもたちのいのちを守るためにも残し続けていきたいと私は思います。

まけないぞうの作り手さんも一緒にお参りができてよかったとおっしゃってくれました。
その場に来ていた遺族の方で、当時避難所のリーダーをしていた方が、「私たちの避難所でもまけないぞうを作っていましたよ」と話してくれました。なんだかこれもご縁だと感慨深い月命日を過ごしました。

妙紀さんと_s.JPG

子ぞう_s.JPG
posted by 被災地NGO恊働センター at 11:00| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする