2020年01月30日

【東日本大震災】レポートNo.302

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  
……………………………………………………………………………………

そして2019年震災から9年目に突入。やっと土地の引き渡しも終わり、「5月か6月くらいにはできるかな」と話していたのですが、大工さんも仕事に追われ、着工が予定より遅れました。夏にやっと棟上げ式が行われ、その時に餅まきをして、そのお餅をもらいました。

餅まきのもち_R.JPG

「11月くらいにはできるかな」が伸び、「年末にはやっと引っ越しできるかな」という段階で、思うように工事が進まず、直前になって完成が年を越してしまったのです。自宅がが完成したのは震災から10年を目前にしたこの2020年1月でした。長い長い年月この日をどれほど待ち続けていたでしょうか。

自宅前で_R.JPG

 引っ越しの当日には、親戚やボランティアさん、仮設で一緒だった人など15人ほどがお祝いに駆けつけてくれました。その日は、宮司さんをお招きして、神棚に魂入れをしました。宮司さんはたくさんの人が来ているのを見てびっくりしていました。「なんで、こんなに人がいるの??」と作り手さんに尋ねると、「津波のお陰でみんなと出会えたんです!」と。「津波のお陰!」と。とても複雑な気持ちですが、自然に涙が溢れました。家族や親せきのみなさん、そして津波のお陰で出会えた人たちに囲まれ、式が厳かに執り行われました。

お参り_R.JPG

彼女は多くの人に支えられここまで来たのですが、私たちもたくさん彼女に支えられてきたのです。若いころに旦那さんを亡くした彼女は、物静かで、いつもニコニコしていて、凛とした強さがあります。
それまでは工期が伸びても「ここまで待ったんだから、慌てずにゆっくり待つわ」と話していたのですが、最後の最後に自宅の引き渡しは伸びたときには、「さすがに今回はショックだわ」と言っていました。その言葉の奥にこれまでどれだけ待ちわびていたのかと考えるとかける言葉もなかったです。

引っ越し_R.JPG

引っ越し2_R.JPG

 そんな苦労の賜物の自宅がこの2020年1月についに完成したのです。その当日に、まけないぞうで貯めたお金で買った品物が届きました。それは素敵な茶箪笥とソファでした。彼女は「一生の宝物だよ!」と満面の笑みを浮かべて見せてくれました。
一緒にいた娘さんも息子さんも喜んでくれました。

ソファ_R.JPG

茶箪笥_R.JPG

 津波に遭った当時、遠く離れて住む娘さんは、お母さんが津波のショックでぼけたりしてしまうのではないかと心配したそうです。「そんな時にまけないぞうがあったので、生活に張り合いができて、本当によかった」と言ってくれたのです。「まけないぞうのお陰です」と。この9年間の独居生活の彼女をまけないぞうが支えてきたのです。こんなうれしいことはありません。「最後の一人まで」ってこういうことなのかな〜?と。もちろんまだまだまけないぞうは続きます。これからもご支援をよろしくお願いします!!

仲良し_R.JPG

ずっと一緒に_R.JPG

posted by 被災地NGO恊働センター at 10:45| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする