2020年03月31日

【東日本大震災】レポートNo.304

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  
……………………………………………………………………………………

 9年目の被災地を回りながら、一見いつもとは変わらないまけないぞうの作り手さんとの交流、けれど3月11日が近づくと一段と津波の話が多くなります。今回は盛岡からのボランティアさんとmakenaizoneのお仲間の娘さんモーラちゃんが参加してくれました。

ボランティアと_R.jpg

 作り手さんもボランティアさんが来ると嬉しそうにいろいろなお話をしてくれます。今回は3月11日があったので、特に津波の話は多かったです。

ある作り手さんは、「あの時、家の近くまで津波が来て、近所の人に声をかけられ、杉山まで逃げました。一緒に逃げた知り合いが『これって夢じゃないよね?』と言われたのを鮮明に覚えている。当時、遺体が誰がわからず、人もいないし、遺体の確認を頼まれたこともあった。いまになったらこうして話せるけどね。息子も街中で津波に流され、命からがら逃げたの。息子に会うまでは、お互いに津波で流されたと思ってた。」と話してくれました。

こうして9年経って初めて聴く話もあります。いつもと違う人がいることでその場の空気も変わり、作り手さんも話しやすくなるようです。
 
作り手さん_R.JPG

また別の作り手さんの旦那さんも話をしてくれました。「あの時、いつものように散歩していたら、大きな地震が来て、自宅まで妻を呼びに行き、二人で車で近くの高台まで逃げた。下にはまだ津波に気づかずガソリンスタンド働いている人もいて、上から、「津波だ!!逃げろー!!」と大声で叫んだのを覚えている。その時は気づかない様子だったけれど、後から助かっていたのを聞いてホッとした。」と。

まけないぞう_R.JPG

 モーラちゃんが孫のようで、住所交換もして旦那さんはアイルランドにお手紙を書くと張り切っていました。その姿はとってもうれしそうでした。モーラちゃんは作り手さんの手作りのおつけもんを「おいしい、おいしい」と食べていました。
(増島 智子)

おつけもん_R.JPG

きりこみ_R.JPG
posted by 被災地NGO恊働センター at 10:23| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする