2020年06月17日

「ぞう通信。(番外編)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  
……………………………………………………………………………………

 先日6月12日に1本のメールが入りました。まけないぞうの作り手さんが入院中に脳梗塞で亡くなったという訃報でした。その彼女は仮設で生活されているときからまけないぞう作りをしていました。

2011年の冬、大船渡の仮設住宅でその作り手さんと出会いました。まけないぞうをお手伝いしてくれていたボランティアさんがいつも通っていた仮設に住んでいました。当時はまだ、がれきがあちらこちらにうずたかく積まれ、家の土台だけが残された更地が広がっていました。彼女は、仮設で娘さんご夫婦と、お孫さんたちと一緒に暮らし、その間にはひ孫さんも生まれ、にぎやかな生活をしていたのでしょう。
6年間仮設で1,838頭のまけないぞうを作り上げました。その後2017年には自宅を高台に再建し、娘さん夫婦と暮らしていました。

作り手さん_R.JPG

作り手さんの訃報に接して、いつも書いて頂いたメッセージをご紹介します。

(2012年1月12日)
1995年1月17日の阪神・淡路大震災の時はまるで他人事のようにテレビを見ていましたが、まさか自分にふりかかってくるとは夢にも思いませんでした。仮設に入って何もやることもない時、まけないぞうさんを作ってとても楽しくなりました。これからもぞうさんと同じように新しい年に向かってがんばって行きます。ぞうのように私もがんばりたいと思います。

(2013年5月22日)
久しぶりにぞうさんが来ましたので、作るのが楽しみです。仮設でも色々なボランティアさんが来ますけど、この間も神戸大学の学生さん方が来て、ぞうさんの作り方、その他折り紙やお話などをやってくれました。仮設で何もすることがないので、ぞうさん作りが楽しみです。どうぞよろしくお願いします。

(2014年7月4日)
盛夏お見舞い申し上げます。お陰様でひ孫も無事に生まれてほっとしています。それにぞうさんを作りながら留守番をして何もできないものですから、助かりました。次にまたよろしくお願いします。ぞうさんを作るのがとても楽しみです。

(2017年3月15日)
いつもぞうさんを作らせて頂いてありがとうございます。出来上がって送りますと次にくるのが楽しみです。やはりぞうさんがないと何もやることがないので、退屈です。
今度は引っ越しをするのですが、新しい家の方にも来て頂けますでしょうか?大変だと思いますが、よろしくお願い致します。

平山さん作り手さん2_R.JPG

 メッセージを見ていても伝わってくるのですが、まけないぞうが大好きで、退屈な仮設暮らしの中で、まけないぞうが彼女の生活に潤いを与えてくれました。
 末筆ではありますが、Aさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by 被災地NGO恊働センター at 16:40| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする