2011年03月30日

【東北地方太平洋沖地震】レポートNo.33

3月25日から、スタッフが岩手県に入っています。

29日は大槌町の小鎚集落の避難所で活動しました。
事務局が現場から電話でヒアリングした内容です。
詳しい活動レポートは追って掲載致します。
----------------------------------
<3月29日>
●小鎚地区多目的集会所には、15人の方が避難されています。
こちらでも足湯をさせていただきました。
また、柔道整復師の資格をもつ当センターのスタッフが、この避難所の畳の部屋でマッサージを行いました。

IMG_0235[1]_s.jpg

IMG_0231[1]_s.jpg

●28日に立ち上がった「遠野被災支援ボランティアネットワーク(遠野まごころネット)」の泥かき部隊も、片づけを手伝いました。

●ニーズ調査班のヒアリングによると、
暖房も十分でない中、毛布が1人に3枚しかなく、寒さをしのげていないということです。また、避難所にはいらっしゃらない在宅の被災者のニーズについて、十分な実態が把握できておりません。障害者など、避難所では生活が困難な方々が在宅に戻っているとすると、ニーズへの対応ができていない可能性が高く、心配です。

………………………………………………………………………………………
posted by 被災地NGO恊働センター at 16:40| 遠野から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする