2011年04月11日

【東日本大震災】レポートNo.47

地震直後から先遣隊として被災地に入った吉椿雅道のレポートです。
避難所まで退避できても、不安はどこまでも付きまとうようです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吉椿のレポート
………………………………………………………………………………………
米沢市の避難所、市営体育館のすぐ裏に武道館がある。
当初、体育館が唯一の避難所であったが、原発の放射能濃度が上がった事から福島
県から避難してきた人々が増え、武道館も避難所として開設することになった。
広い武道館の四隅に被災者の約10家族が暮らしている。

武道館の様子を見に行った際に、Eさん(60代)から「腕が悪いのでストーブの灯油を入
れてくれる?」と言われ、そこからお話する事になった。
 「足が冷えてねぇ。」と言うEさんに「じゃあ、ここでも足湯をやりましょう!」という事から
武道館で足湯をする事になった。

 Eさんは、娘さん(30代)とお孫さんのYくん(4歳)の3人で福島市から避難してきた。
「9日間、車中泊しながら、4日前にようやくここまでたどり着いた。」と行くあてもなく彷
徨った日々を振り返る。「ガソリンもないし、どこに行っていいか分からなくてね。」とポツ
リポツリと語り始めた。Eさんは、「あの日、私、水も使ったし、お風呂にも入ったのよ。そ
の後に知ったのよ。」と濃度が上がった事を知った日の事を話してくれた。
 「私はどうなってもいいけど、孫たちに何かあったらねえ。」とつぶやくEさんだった。

………………………………………………………………………………………
posted by 被災地NGO恊働センター at 12:11| 遠野から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする