2011年04月22日

【東日本大震災】レポートNo.64

*複数のMLに配信しておりますので、重複はご容赦下さい。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
NHKで22日夜8:00から下記の番組が放映されます。
ぜひ、ご覧下さい。

※以下、NHK大阪のサイトよりのコピーです
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/kansai_tokushu/

4月22日(金)
「今こそ、力が問われるとき〜神戸発・災害NGOの挑戦〜」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

被災地NGO恊働センターです。
地震直後から先遣隊として被災地に入った吉椿雅道のレポートです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吉椿のレポート
………………………………………………………………………………………
2006年夏、「いのちを守る智恵」という本の取材のために宮古市や大船渡市などを訪れた。
その中でも宮古市田老町(人口約4400人)を歩いた時の事は今でも忘れる事が出来ない。

この田老町では、明治三陸津波(1896年)で1859名、昭和三陸津波(1933年)で約911名の
尊い命が犠牲になった。1960年のチリ津波では、田老町は幸い犠牲者を出さなかった。それ
は昭和の津波以降の様々な防災の智恵による。
黒々とした松の防潮林、「万里の長城」と称される総延長2.4km、高さ10mの日本一の防潮堤、
町の避難路はすべて高台に向かい、「隅切り」と呼ばれる十字路の見通しの確保など二重三
重に防災の工夫が施されている。また、避難訓練を兼ねた町民の運動会、全戸にあった防災
無線、高台にある役場には最新の津波監視カメラもある。そして昭和三陸津波後、復興事業
で被災者を雇用した事など様々な智恵と工夫を使って、田老町は復興を果たして来た。

だが、この東日本大震災では、田老町も死者129名、行方不明71名、多数の家屋流失と大き
な被害を出した。高さ10mの防潮堤を越えて来た津波は、37.9mに達し、過去最大級であった
という。まさに「想定外」であった。
田老の「防災バカ」を自称する市職員のYさんは、地震後、必死で住民を高台に避難させた。
地震から約2週間後にようやく連絡が取れ、「何とか大丈夫です。」と言ったが、その声に力は
なかった。これまで津波防災に人生をかけて来ただけにその落胆は想像に難くない。

津波防災宣言の町、田老の様々な智恵や工夫がどこまで生きたのか、今後の検証が待たれる
が、この田老の様々な防災の智恵は、すべて昭和三陸津波後、住民が高所移転ではなく、海
のそばで生きる事を選択した事による。
現在、田老では住民によって今後の暮らし方が再び議論され始めている。

………………………………………………………………………………………
posted by 被災地NGO恊働センター at 09:43| 被災地からのレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする