2011年04月28日

【東日本大震災】レポートNo.71&【新燃岳】レポートNo.30合併号

宮崎県新燃岳の本格的な噴火から、26日で3ヶ月が経ちました。
関連してレポートをお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
………………………………………………………………………………………
本日4月28日(木)午後3:15〜午後4:00(45分)、NHK総合の下記番組(関西では再放送)にて、被災地NGO恊働センターが紹介されます。
→ろーかる直送便 かんさい特集「今こそ、力になりたい〜神戸発・災害ボランティア」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レポート〜野菜サポーター〜
………………………………………………………………………………………
宮崎県からの野菜は、東北各地での炊き出しに使われたり、避難所で被災者の方が自ら調理される際の材料となったり、また、在宅避難者に配布・提供されています。春を迎え、野菜の種類も変化してきました。トマトや苺などみずみずしいものが加わって喜ばれています。また、農業と畜産を併せて行っておられる方もいらっしゃるため、お肉や卵もリストに加えています。

野菜の生産地、宮崎県の状況です。
新燃岳の本格的な噴火から4月26日で3ヶ月が経ちましたが、未だ被災地では不安な状態が続いています。今月18日の噴火でも、噴石によって高原町内で屋根のソーラーパネルや車のガラスが割れるなどの被害が出ました。都城市では27日、降雨のため土石流が発生する恐れが高まったとして69日ぶりとなる避難勧告が出されました(同日解除)。

「震災がつなぐ全国ネットワーク」事務局の加藤祐子さんが高原町の方の声を届けてくれましたので、転載させていただきます。(しんつなMLの方は重複ご了承下さい)
----------------------
<加藤祐子さんのレポートより>
現在は小康状態となっていますが、ほぼ10日おきの間隔で噴火が続いています。数日前に活動中に足湯をさせていただいたSさんと電話でお話をしました。「忘れたころに噴火するんだよ!この前はなんと噴石が降ってきてびっくりだよー」とのこと。高原の住民の方々は、今も噴火の危険と隣あわせの日々が続いています。近々、山岳会の仲間と一緒に、町内の神社のお祭りで「『山よ静まれ〜』とお願いするんだよ〜」と話すその声は、祭りを楽しみに前向きな気持ちにあふれているようで、とても心強く感じました。

………………………………………………………………………………………
posted by 被災地NGO恊働センター at 13:13| 野菜サポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする