2011年05月12日

【東日本大震災】レポートNo.85

被災地NGO恊働センターです。
地震直後から先遣隊として被災地に入った吉椿雅道のレポートです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吉椿のレポート〜米沢より〜
………………………………………………………………………………………
福島県の各町から避難して来た人々の避難所である米沢市営体育館には当初、約600名の人々が体育館のアリーナに所狭しと身を寄せ合って暮らしていた。約2カ月を経た今、アリーナに残る人々は数十名とごく僅かだという。だだっ広いアリーナに寂しさが漂う。

 福島からバラバラに避難して来た人々が体育館での共同生活を経て、現在、雇用促進住宅に入居されたり、温泉施設に身を寄せたりして、再びバラバラになった。
 ある人はより良い環境を求めて、ある人は子ども達の学校の為に、ある人は仕事の為に、
ある人は遠くの身寄りを頼って、ある人は故郷へと、皆それぞれの想いを抱え、避難所を後にした。
そして、体育館に残る人々もそこに残らなくてはいけない何らかの理由でそこに留まっている。行き場所の見つからない人々、身寄りのない人々、皆それぞれの想いで未だ避難生活を送っている。

避難所にいれば、救援物資や様々な情報も入っていたが、雇用促進住宅や賃貸アパートなどの二次的な避難場所では物資や情報も非常に限られてくる。それと同時に人と人のつながりも限られてくる。
1995年の阪神淡路大震災後、県外にバラバラに避難された方々が見知らぬ土地での孤立を防ぐ為に月数回のお茶会や年中行事などを企画して、「久々に関西弁を話したわ〜」と被災者同士で帰られない神戸に想いを馳せてもらうようなボランティアをさせていただいた。

2004年の中越地震の後も仮設住宅や復興住宅に入居して、プライベートな時間、空間を得る事は出来たが、一部では「避難所や仮設の時の方が、皆がいてよかった。寂しい。」という声が少なからずあった。
顔見知りのいない新しい土地で暮らす為には仕事はもちろん、地域や近所とのつながりなしにはあり得ない。また、同じ境遇である被災者同士が集う場所、時間も必要になってくるだろう。

避難所を出たからそれで終わりではなく、そこから一人ひとりにとっての長い長い復興の道が始まる。時には厳しい現実にも向き合わざるを得ないだろう。そんな時に隣にいて話をじっと聴く人も必要だろう。また、一方で避難所に未だ残る人々が行き場を見つけ、「最後のひとり」が、笑顔でそこを後にするその日まで見守っていく人も必要だろう。

………………………………………………………………………………………



posted by 被災地NGO恊働センター at 10:17| 被災地からのレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする