2011年05月28日

【東日本大震災】レポートNo.89

5月23日、遠野まごころネットを訪れた代表・村井雅清のレポートです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
村井の遠野訪問レポート
………………………………………………………………………………………
5月の連休以来、約3週間ぶりに岩手県大槌町の「まごころ広場」を訪ねた。いつものようにリーダーの臼澤さんがおられた。毎日朝9時にこの広場をオープンされるそうだ。昨日まで暖かい日が続いたが、今日はかなり肌寒い。

この地域では”ヤマセ”といって、例年5月末から1ヶ月ほど寒くなるそうだ。なるほど、この前連休中にこの広場で炊き出しと救援物資の無料バザーをしたとき、もう冬モノは要らないだろうと次の冬まで閉まっておくためにそれようにダンボール箱に詰めようとしたら、遠慮がちに「コレ貰って行っていいですか?」と来られた被災者がおられた。こっちは単純に「もう冬モノはいらないだろう?」と思っていたが、なるほど“ヤマセ”のためかと納得した。

災害救援の鉄則の一つは、被災地の文化や生活習慣を理解すること。気候風土ももちろんだ!それにしても、この時期の被災地の山々の緑は絶景だ。神戸で育った私には、ついこの前までこちらの冬の寒さに震えていたが、今が最高かも知れない。やはり私たちは自然とともに生かされていることを実感する。

あの津波から奇跡的に助かったリーダーの臼澤さんは、噛み締めるように言われる。「人間一人で生きていけない」と。岩手の地に来るとそう体感する。このような広場が被災地のあちらこちらで展開されることを願ってやまない。(村井雅清)
posted by 被災地NGO恊働センター at 09:31| 遠野から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする