2011年06月27日

【東日本大震災】レポートNo.108

本日は下記の内容をお送りします。

▼つぶやきから見える風景
▼「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つぶやきから見える風景
………………………………………………………………………………………
私たちは災害直後から、「足湯」ボランティアが接した被災者の声を「つぶやき」と読んでご紹介してきましたが、そのつぶやきも時を経るにつれて変化し、人々の置かれている状況を映し出しています。改めて被災された方の思いに目を向け、寄り添い続けるため、「つぶやきから見える風景」と題していろいろな時期のつぶやきをご紹介しています。

* * *
「申し訳ない、申し訳ない… 申し訳ないよ…
もったいないなぁ、ありがとう。気持ちいいよ。
若い人にやってもらって、死んだ人には申し訳ないけど生きててよかった。
もっと長生きするよ!
自衛隊のお風呂は短い。
温泉にも行けたけど、耳が悪いから迷子になると思って断ったんだ。
あなたのことは一生忘れない、待ってるからまた来て!」
(4月10日、岩手県、80代男性)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり 6月16日(水)
………………………………………………………………………………………
 今日は、いつもお邪魔している、大槌地区の旧赤浜小学校の避難所に行きました。「まけないぞう」に興味を持ってくれたボランティアMさんといつもお世話になっている兵庫県淡路島の僧侶Nさんも同行してくれました。

 先週から、仕事づくりとして「まけないぞう」づくりをはじめたKさん、彼女は津波で家は流され経営していた美容室も道具も全て流され、仕事を失っていました。そこで、ぞうさんを紹介したときに一番最初に「いまは、もう仕事ができないから、仕事としてやらせてください」と申し出てくれました。さすが美容師さん、手先が器用なとてもかわいいぞうさんを作ってくれます。それに加えて作るスピードも手慣れたもので、どんどんぞうさんが生まれていきます。一緒に同行したMさんはお裁縫が少し苦手なようで、玉結びから丁寧にKさんに教わっていました。

美容師の方がボラに教えている_s.jpg

Mさんは「私、一から裁縫覚えたほうがいいみたい」と慣れない手つきでKさんに教わりながら針を運んでいました。苦戦しながらも、Kさんのお陰もあって、かわいいぞうさんができあがりました。

ボラと一緒に_s.jpg

 一緒につくっていたYさんは津波が起きた当日、ペットのわんちゃん2匹のペットフードを買いに出掛けていて、もどったら愛犬を2匹津波で流されてしまったそうです。それで、愛犬の写真とご飯を毎日供えているそうです。それで、前回「ぞうさん」を教えたつもりが、なんと夜に夢中になって作っていたら、耳が少し小さくなり出来上がったらぞうではなく飼っていた犬になっていました。とても器用でびっくりしました。

夜に作るとぞうでなくなる_s.jpg

 それからそばでは、その姑さんが一緒にぞうさんを作っていました。彼女は地震のときにその愛犬2匹を連れて自転車でこの高台にある小学校の避難所に逃げたのですが、途中で波にのまれ、愛犬も流され必死な想いで泳いで逃げて棒につかまり、住民の人に助けられたそうです。それでも波が来ていたので、住民の人たちは裏山にはしごをかけより高いところに逃げたそうです。その時から少し記憶などが曖昧になり、できていたことがスムーズにできなくなったと訴えていました。そんな話をしながらでも、ぞうさんはできました。その時の笑顔がたまりません。

4回目で上手にできた_s.jpg

 この避難所は海に近く、まだ周りは瓦礫の山でハエが大量に発生していました。届けたハエ取り紙などはとても好評でした。それからご寄付いただいた保湿クリームを女性たちにお届けし、大変喜ばれました。ありがとうございました。

 いま、被災地では暑さのせいや港でつぶれた海産物の保管庫などから大量の水産加工物が撒き散らされ、悪臭とともにハエの温床となり、沿岸各地で大量に発生しています。これから、ハエ取り紙などを被災地に届けようとしています。

足湯のつぶやき
・地震の後、ヒザの調子が悪くなり、今は杖を使っている。昔一度痛くなり、しばらく調子がよくなっていたのが、地震以来また悪くなった。自分の家は神社の3つ隣にあったが、何もなくなってしまった。仮設も地域ごとに入れるわけではないので、今後が不安。とは言っても、同じ地域の人の多くが亡くなったので、地域ごとでも同じことが・・・。水しぶきとともに水が押し寄せ、ガソリンスタンドが爆発して、水の上を炎が走っていた。まるで地獄だった。(大槌町・遠野足湯隊より)

posted by 被災地NGO恊働センター at 10:36| ★「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする