2011年08月22日

【東日本大震災】レポートNo.123

「日本財団ROADプロジェクト」で活動している、当団体の頼政良太の報告をお届けします。仮設支援の情報レポート、第1弾は、仮設住宅の花壇です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
頼政の仮設支援情報レポート 第1弾 〜仮設の花壇〜
………………………………………………………………………………………
岩手県の大船渡市にある後ノ入仮設住宅にお邪魔しました。今回は集会所でまけないぞう作りと花壇の手入れをしました。ここの仮設住宅は2か所に分かれていて、大きな方は64戸、小さな方は14戸の仮設住宅が立ち並んでいます。2つの仮設団地は比較的近く、距離にして約100〜200メートルというところでしょうか。小さな仮設団地には集会所や談話室は設置されておらず、大きな仮設住宅の集会所まで歩いて来ていただいています。少し距離はありますが、声を掛けるとみなさん集会所までわざわざ来てくださいました。

この2つの仮設団地のうち、大きな仮設団地は実は津波の被害にあった土地に建てられています。まわりの家も床上浸水の被害を受けました。今回お邪魔したのがお盆ということもあり、それぞれの部屋に多くの方が集まりなんとなく人の気配が増えているように思います。

この大きな仮設団地の中には、小さいですが芝生に囲まれた花壇のようなスペースがあります。実は、これは兵庫県佐用町の人たちからの支援で作られたそうです。厚み10センチほどの土を盛り、その上に植物を育てるという仕組みで、後ノ入仮設住宅ではきゅうりやピーマンを育てています。

お邪魔した日はとても天気がよく、住民の方と一緒にその花壇の水やりを行いました。自治
会長さんも、暑い中さっそうと自転車にまたがり助っ人に来てくれました。花壇があることで仮設の中の雰囲気はガラッと変わります。自然と花壇の周りには人が集まり、話をし始めたり僕の水やりの仕方が悪いと指摘したり、交流が生まれています。その輪の中に、仮設団地の隣に住むおばちゃんも加わり、一緒に畑仕事に精を出しました。(といっても水やりをしただけですが…)冷たい井戸水を使っての畑仕事は、なんだか心が落ち着きますね。

集会所は自治会長さんがカギを管理していて、誰でもお願いをすれば使える仕組みになっています。集会所の周りにもプランターがたくさん置いてあり、彩も華やかです。お茶っこの会などのイベントも定期的に行われているようです。まだまだ、トイレに物資が積んであったりお風呂に祭りの提灯がまとめてあったりということはありましたが、お母さん方は声をかけると集会所に集まってこられてのんびり涼みながら、でもまけないぞう作りは熱心にしておられました。

「芝生と花壇があるから、涼しくっていいわぁ」
そう言われるたびに、手入れをしている自治会長さんがニコニコっと笑っていたのが印象的でした。
(頼政 良太)
posted by 被災地NGO恊働センター at 00:00| 被災地からのレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする