2012年01月27日

【東日本大震災】レポートNo.156

県外避難されている方々の状況について、スタッフ吉椿のレポートをお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
故郷を想いて  〜県外避難者の今〜 Vol. 26
………………………………………………………………………………………

阪神淡路大震災後に始まった「まけないぞう」事業が東日本大震災後には、とちぎボランティアネットワーク(宇都宮市)でも積極的に展開されている。

「村長は来年(2012年)3月には帰れますって言ってるけど、絶対無理だから。。」と言うのはEさん(50代女性)。福島県川内村からご主人の実家のある栃木市に二人で避難して来た。Eさんの自宅は、警戒区域にかかる。周りは田畑と山で、水も山から引いて、薪で五右衛門風呂を沸かすという暮らしの中で、「帰っても外に出ない訳にはいかないし、生き地獄みたいになる。」と不安を隠せない。

このEさんも「まけないぞう」の作り手さんのひとりだ。「支援ばかりしてもらうのもねえ。。。自分達が出来る事はやって、生活を軌道に乗せないとね。」と毎日、ご主人とふたりで朝食や夕食後に少しずつ「まけないぞう」を作っている。

そんなEさん夫婦は、避難当初、一戸建てで農地のある場所を探したが、思うように見つからずに現在は14階建の雇用促進住宅に住み、近くに田畑を借りて野菜を作っている。震災後、仕事を失ったご主人は、栃木で時折入る臨時の仕事と「まけないぞう」の収入で何とか生計を立てているそうだ。「主人は電器屋だったから手先が器用なのよね。」とほほえむ。

Eさんは、9カ月以上の避難生活の中で様々な葛藤や苦悩から「前のドアを開けないと生きていけない。」ことを確信したという。

毎日夫婦で「まけないぞう」を作る中で様々な発見があるという。「作っていると没頭しちゃうんだよね。最後に目を付けると気持ちが入った〜って感じでね。これは可愛い、これは逞しいってね。」、「無事に届くといいね。」などと二人で語りながら作っているそうだ。「時には気分が乗らない時もあるけど、無性に作りたくなる時もあってね。家にあるタオル全部使っちゃったわ。」と笑う。

「気分や季節や色んな出来事があったりするけど、色んな想いの中でひとつの象に向き合うんだけどね、私たち作り手だけでなくて、この象を手掛けている何万もの人の想いや感情を象が聞いて出来あがっていくんだよね。生きていないけどね。」と感慨深げに語るEさんだった。

まだまだ先の見えない避難生活での想いを「まけないぞう」に語りかけながら自分自身と対話しているEさんであった。

(吉椿雅道)

posted by 被災地NGO恊働センター at 15:09| ★県外避難者支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする