2013年10月29日

【東日本大震災】レポートNo.231

9月末から、再び岩手県に増島のレポートをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  2013年10月
…………………………………………………………………………………
今回の岩手訪問では、「まけないぞう」を応援してくれているmakenaizoneの編集長田中幸子さん(上智大学名誉教授)が初めて被災地にぞうさんの作り手さんに会いに来てくれました。現在、田中さんはアイルランドに在住し、遠く離れていてもそんなことを感じさせないパワーで、世界各地に「まけないぞう」の輪を広げてくれています。田中さんはお手製のアルバムを携え、被災地入りしました。そのアルバムには世界から、もちろん日本からも応援して下さる仲間たちのメッセージがたくさんつまっていました。

アルバム_s.jpg

 一日目。大船渡へ訪問しました。地域でリーダー役をしていて、いつも地域の人たちのことを気に掛けてくれているこの女性は、自宅は流されずにすんだものの、旦那さんが経営するワカメ工場を流され、この2年半必至で、工場の再建をしてきました。この春に政府のグループ補助金などをつかってやっと再建した矢先、旦那さんが脳梗塞で倒れました。「きっと疲れが出たんだろう」と・・・。彼女もたくさんの苦しみを抱えていました。チリの津波のときにも被災し、そのとき配給で配られた魚肉ソーセージの味は一生忘れられないと涙ながらに語ってくれました。そして、今回の津波により、被害に遭わなかった、集落の公民館で住民や商店からお米の寄付などを頂いて、みなさんに配給しながら、直後の大変な時をくぐり抜けてきました。今では仮設に入った人たちへの心のケアや、一人暮らしの男性へのサポートなど行っています。ご本人も大変な状況のなかで、必至でこの2年半の時を過ごしています。
 そんな所へ、田中さんが届けてくれた、アルバムを終始笑顔で見つめ、話しに聞き入る姿は、普段の辛さを忘れさせてくれる一時でした。

大うけ_s.jpg

 午後からは、陸前高田市の仮設住宅にお邪魔しました。ぞうさんの作り手さん3人組が首を長〜くして待ってくれていました。一人は84歳の女性です。ちょうど少し前に白内障の手術を受けて、最近ぞうさん作りを復活したそうです。手術からの10日間は、針仕事ができないので、退屈で退屈で仕方なかったそうです。先生からの許可を頂いて、ぞうさん作りを再開しました。田中さんはここでもアルバムを見せて、これまでの経緯や多くの人たちが応援してくれていることを伝えました。

説明_s.jpg

だんなさん_s.jpg

青木先生_s.jpg

私が行くと、いつも「まだぞうさん作っていていいの?、もう終わりかと思ったよ」と心配してくれます。でもアルバムを見て、みなさん大喜びです。「こんなに応援してくれるのなら、また馬力かけて作らなくちゃね」と大張り切りです。田中さんも、初めてまけないぞうづくりにチャレンジです。

必至です_s.jpg

お隣では、作り手さんもぞうさんを作って見せてくれました。とっても丁寧に愛情込めて作ってくれています。

松野さん_s.jpg

できました_s.jpg

田中さんも、指導を受けながら何とか完成!そのぞうさんをみて、作り手さんが「やっっぱりかわいいね〜」とぞうさんにチュッと。。。。田中さんのお陰で、日頃の辛いことを忘れさせてくれる楽しい一時でした。今度回収にいったら、またたくさんのぞうさんが出来ていることでしょう。(つづく)

笑顔_s.jpg

チュッ_s.jpg
posted by 被災地NGO恊働センター at 11:16| ★「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする