2013年12月30日

【東日本大震災】レポートNo.235

11月末から、再び岩手県に入った増島のレポートをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  
…………………………………………………………………………………
今年も間もなく、新しい年を迎えます。被災地では3回目のお正月を仮設住宅などで迎えます。寒さが厳しい東北で不安を抱えながらのお正月だとは思います。年の瀬には、ある地域では行政から土地を売って下さいというお知らせが届き、どうしたらいいのか、悩んでお電話を頂きました。新しい年を迎えることは期待と不安が入り交じることでしょう。

 先日お邪魔した作り手さんは、近所との折り合いがつかず、精神的に追い込まれ仮設から仮設への引っ越しを余儀なくされました。病院にも運ばれ、大変だったようですが、新しい仮設に移って落ち着いたようすで、「まけないぞうもきっとずっと作り続けるわ」とおっしゃって下さいました。新しいお家にもたくさんのまけないぞうが飾ってありました。

松村さん_s.jpg

 また、釜石の作り手さんのところにもお邪魔しました。その方も夏に仮設の土地を所有者に返還するということで、仮設から仮設へ引っ越しをされました。その新しいお宅へはじめて訪問しました。久しぶりということで、たくさんのご馳走を作ってくれていて、びっくりしました。11月後半から12月初旬の間は、鮭が遡上のシーズンを迎え、海から川へたくさんの鮭があがります。この光景には命の営みを感じます。

鮭の遡上1_s.jpg

鮭の遡上2_s.jpg

 その鮭の心臓を甘辛く煮た貴重な煮物。煮魚、酢の物、塩からなどたくさんのお料理が食卓を飾ります。またアワビの口開けと言うことで、高価なアワビまで並んでいました。
作り手さんのお一方の旦那さんは漁師さんで、大きなアワビを頂きました。こんな大きなアワビを頂くのは生まれて初めてです。まるでちょっとお正月のようなご馳走が食卓に並んでいました。

鮭の心臓_s.jpg

煮魚_s.jpg

ごちそう_s.jpg

アワビ_s.jpg

アワビ2_s.jpg

ほっぺたがおちそうなくらい美味しかったです。ごちそうさまでした(^^)夏にはお部屋の中で転んで入院していたのですが、すっかり元気なっていて、ぞうさんも作ってくれていて安心しました。

 今年もたくさんの笑顔に巡り会えました。来年の被災地はどんな歩みをすすめるのでしょうか?一番言いたいのは、被災者の方の気持ちに寄り添って、復興をすすめてほしいです。まけないぞうは被災者に寄り添い続けます。今年も大変お世話になりました。どうぞ来年もまけないぞうをよろしくお願い致します。

まけないぞう_s.jpg
posted by 被災地NGO恊働センター at 11:24| ★「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする