2014年03月26日

【東日本大震災】レポートNo.237

2月末から、再び岩手県に入った増島のレポートをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり 2月23日きゃっせ 
…………………………………………………………………………………
 先月2月23日毎年お世話になっているコープみらい主催の「コープみらいフェスタ きゃっせ物産展2014」に参加させて頂きました。あまり話題になることも少ないのですが、千葉県旭市でも津波の被害がありました。コープみらい(旧コープちば)では、災害直後から支援活動に奔走し、仮設住宅に移ってからもお茶会などさまざまな活動を行っています。その活動先に飯岡仮設住宅があり、そこにぞうさんの作り手さんがいらっしゃいます。 今回のイベント会場には、千葉県旭市で作られたまけないぞうが販売されました。

コープみらい_s.jpg

販売_s.jpg

まけないぞう_s.jpg

 その会場では、組合員のみなさんが活動してきた「スマイルカフェ」の活動展示とポプリ作りの体験コーナーが設けられていました。まけないぞうもその場に販売スペースを作って頂き、組合員さんの手作りの絵も飾ってくれました。

スマイルカフェ_s.jpg

ポプリ_s.jpg

絵_s.jpg

 そこに作り手さんが来てくれました。自力再建した人、春に復興住宅が完成するのでそちらに移る人など新しい一歩への春が近づいています。一人の作り手さんは、津波で旦那さんが流されたことを話してくれました。旦那さんは船舶の模型を作る人だったそうです。静岡県に旦那さんが作った模型が残っていて、見に行ってきたことをうれしそうに話してくれました。「ぞうさんのお陰で、淋しい時間も忘れることができた。一人だから小さな家を建て、静かに暮らしていく」と・・・。

 そこへ、まけないぞうの強力な応援団のmakenaizoneのメンバーでもあるSさん親子が遊びに来てくれました。娘さんは大のぞうさんファンで今日もまけないぞうと一緒に来てくれました。娘さんは「学校で三桁の掛け算を習ったので千円でぞうさんがいくつ買えるかわかるようになったこと、旭市はお兄ちゃんのマラソン大会の応援で何回か行ったことがあって 地震の被害が大きかったと聞いて悲しかったこと、自分も地震の日は次の日までお母さんに会えなくて怖かったこと、自分は手芸が好きなので一度作り手さんがぞうさんを作るのを見せてもらいたいこと…増島さんと作り手さんにお会いできたら話したいことがいっぱいあったのに、緊張しちゃってなにも話せなかった〜」と後から聞かせてもらいました。ぜひ、次の機会に実現したいと思います。
 今日もまけないぞうがたくさんの笑顔を届けてくれました。コープみらいのみなさんありがとうございました。

作り手さんと_s.jpg

集合写真_s.jpg
posted by 被災地NGO恊働センター at 15:43| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする