2019年03月02日

【東日本大震災】レポートNo.292

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  2月27日、28日
……………………………………………………………………………………

 まもなく3月11日を迎える東日本大震災の被災地岩手県にやってきました。残り少なくなった仮設や再建した真新しい住居や店舗の間をトラックや重機が行き交います。山を切り崩した大きな道路と海を埋め立てた壁のような防潮堤が広がっています。
 そんな中、毎年恒例の遠野のふきのとうの会の「第11回 松崎ひなまつり〜共に歩む ふるさと創生」に行ってきました。27日は陸前高田市のみなさんと、28日には釜石市のみなさん、3月1日には大船渡のみなさんと伺いました。

つるしびな_R.JPG

松野さん_R.JPG

集合写真_R.JPG 

 陸前高田市から22人のたくさんの人が来てくれました。震災の年の7月にできたばかりの仮設を訪ね、まだ集会所のない中、テントと長机を運び込み暑い最中にまけないぞうづくりをしたことを昨日のことのように思い出します。ふきのとうの会のメンバーが一軒一軒仮設を回り声かけをし、集まってもらいました。そこでは、「あんた、どごにいたの?生きでだの?」と涙ながらに半年経ってやっと安否確認ができていました。無事を確認し合うなか、家族を失ったという辛い現実もそこにはありました。その現実を受け入れられないまま、まけないぞうを作っていた人もいました。「なぜ、私は仮設でぞうを作っているの?」と言われたときには、何も応えられませんでした。「ただ、そばにいる」ということが辛く、無力感に襲われました。「本当はまけないぞうなんてないほうがいいんだよな〜」、「まけないぞうがあるということは災害が起きてしまったということで、災害がなければ・・・」と、活動をしながらこの災害が夢でありますようにと何度思ったことか。

ぞうさんづくりに夢中_R.jpg

釜石_R.JPG

 避難所から仮設、そして復興住宅へと、いまふきのとうの会の人たちはまけないぞうが繋いだ縁をつるしびなに変え、この8年間の間交流をつづけています。代表の菊池加代子さんは「もう被災者と支援者ではなく、友達です」と取材に応えていました。

みんなで_R.JPG

集合写真_R.JPG
 あの当時、遠野からもなかなか被災地に行けない人もいる中で、菊池さんは大船渡で活動する外国からきたボランティアの人が一生懸命道路の側溝を掃除しているのを見て心打たれたそうです。「もっともっと地元の人がボランティアをしてくれたら」と・・・。

避難所_R.JPG

釜石2_R.JPG

 「財産もすべて失ったけれど、こうしてたくさんの人とつながることができて、財産を頂いたこれは本当に宝物だ」と話していた被災者の言葉が印象的でした。

後ノ入_R.JPG

共に歩む_R.JPG
posted by 被災地NGO恊働センター at 13:32| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする