2019年09月08日

【東日本大震災】レポートNo.299

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  
……………………………………………………………………………………

 まけないぞうの作り手さんも8年を経て、ほとんどの人が再建を果たしました。そんな中で、お一人の方が仮設に残り暮らし続けています。でも、やっとこの11月には造成した場所に自宅を再建できます。
 7月末に棟上げをしました。岩手では棟上げの時、新造船などのお祝い事では、「餠まき」といって、お祝いに駆けつけてくれた人たちに、お餅やお菓子、お賽銭をまくという習慣があります。新築の時も同じように「餅まき」をされます。私は行けなくてとても残念でしたが、なんと、その時のお餅を取っておいてくれました。作り手さんの粋な計らいにとってもうれしくなりました。

祝い餅_R.JPG

もちまき_R.JPG

 滞在中、何度か建築中のお宅を拝見させてもらいました。最初は屋根と外枠のみでしたが、数日すると、サッシが入り、部屋の壁ができ始めていました。とってもわくわくどきどきと自然に笑みがこぼれます。
作り手さんのMさんは、何度も工期が伸びて、仮設から仮設への引っ越しを余儀なくされたこの8年半、その都度どれだけ心が折れそうになったことか。それでも、強い意志を持って耐え忍び、「こんだけ待ったんだから、もう焦ってもしかたないもん。もう慣れた」と言って、気丈に振舞っておられました。

まけないぞう_R.JPG

内覧_R.JPG

 実は、Mさんこれまでまけないぞうでもらった手間賃を一度も使わずに貯金していて、そのお金で、「再建した家に記念になるものを買うんだ」と言っていました。この度、その記念になるものを予約したそうです。また、お盆時には、娘さんや息子さんも来ていて、一緒に電化製品を見学しにいったそうです。新居への期待は自然と高まります。今までに感じたことのない喜びを感じました。
 彼女は親せきの子どもが津波の後に、「おばちゃんまでいなくなったら僕は帰る場所がなくなる!」と。その言葉が胸にささり、“故郷を残してあげたい!“という強い意志が彼女の中に芽生え、再建を決意したのです。
 他方、8年半経ってもなお、被災地の復興は終わっていません。

松野さん_R.JPG

 みなさんどうぞ、これからもまけないぞうを応援してください。その向こう側に被災者のみなさんの笑顔があります。
 11月には新居へのお引越しです。「必ず行くからね!」と笑顔で再訪を約束して来ました!
 (増島 智子)

お手紙 (1)_R.JPG
posted by 被災地NGO恊働センター at 10:59| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする