2021年03月12日

【東日本大震災】レポートNo.307

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  
……………………………………………………………

3月11日、あの津波から10年の月日が流れました。犠牲になられた方たちは行方不明者、関連死も含めると2万2192名となります。犠牲者のみなさんには心よりご冥福をお祈りするとともに、行方不明者の方が一日でも早くみつかりますように願ってやみません。
午後2時46分、遠野市の復興住宅の脇にある公園で行われた追悼式に参加しました。

遠野NO1_R.jpg

あの日、大槌町から遠野市まで歩いて山を越え、助けを求めにきた被災者の方がいました。「沿岸が大変なことになっている」と。そして、遠野市は後方支援として沿岸にボランティアを派遣し、長期間の支援活動が始まりました。
私達も、遠野のみなさんを中心にボランティアとともに避難所、仮設住宅、復興住宅などを訪問しまけないぞう作りをしてきました。
 まけないぞうは今までの被災地では少し落ち着いた頃の仮設住宅からスタートすることが多かったのですが、今回の東日本大震災では避難所からのスタートでした。まだまだライフラインや物資も不足する中での活動には、正直躊躇するところもありましたが、被災者のみなさんがまけないぞうを作りながら、「久しぶりに針を持ったわ。」「今日は頭を動かしてよく眠れるわ!」「ずっと津波のことを考えていたけれど、夢中になって津波のこと忘れることができたわ」などの感想を話してくれました。それから不安は消え去りました。

2011年当時の作り手さんのメッセージを紹介します。
***************************************
美容師として仕事をし、9年前に念願だった店舗を構え、美容室を経営していましたが・・・この震災で何もかもきれいさっぱり波にのまれてなくなってしまいました。避難所での生活は今まで味わったことのないくらい悲惨で、人間関係に苛立ち、泣きながらの毎日でした。そんな時、このまけないぞうに出会いました。もともと裁縫は苦手ではなかったので、やっているうちに楽しさを覚え、何も考えることなく時間を過ごし、いろんな人と出会い、何より仕事を失った今では少しでも家計の足しに…。時には自分のお小遣いなーんて!まけないぞうに出会えて本当によかったと思っています。今では子ども達も手伝ってくれるんですよ!まけないぞうがんばって作ります
***************************************
こうして、この10年間、被災者のみなさんに寄り添い、ともに歩んできたまけないぞう。辛いことばかりではなく、楽しいこともたくさんありました。多くの人たちとの出会いが被災者の人に元気と勇気を届けてきました。

10年経ったいま、町の景色は様変わりしました。被災地は盛土による造成地が広がり、海にはコンクリートの要塞のような防潮堤が立ち並び、復興道路という名のもとに山は削られ、行き場を失った獣が町を闊歩しています。造成地を作ったものの空き地が多く、昼間でも町を行きかう人はまばらです。

片岸 (1)_R.jpg

片岸 (2)_R.jpg

「こんなはずじゃなかった。まるで変っちゃたよ」という被災者の言葉がむなしく響きます。コロナ禍により一層問題は深刻化しています。せっかく再建を果たしても、コロナの影響で漁師は漁獲量が減り、旅館は宿泊客が激減し、商店も売り上げが減少するなど、2重3重にも被災者に追い打ちをかけています。
10年目にして「これからが本番だよ」という被災者の言葉を噛みしめながら、私たちにできることを今後も続けていきたいと思います。どうぞこれからもよろしくお願い致します。
(増島 智子)

長谷川さん_R.jpg
posted by 被災地NGO恊働センター at 13:41| ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする