2011年07月28日

【東日本大震災】レポートNo.114

東日本大震災の支援を行う日本財団の「ROADプロジェクト」事務局(東京)で活動している当団体スタッフ・頼政良太の報告です。
仮設住宅に移られた方にどのように寄り添っていくのか、課題とボランティアの動きをお伝えします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ROADプロジェクト・頼政のレポート
………………………………………………………………………………………
震災がつなぐ全国ネットワークでは、参加している各団体が集まり「東日本大震災仮設支援連絡会」を立ち上げました。それぞれが仮設支援に取り組んでいる地域での課題や事例などを共有しています。

また、ROADプロジェクトの一環である足湯ボランティアが拾った「つぶやき」も共有しています。この「つぶやき」を分析し問題をあぶり出し、その問題に対してどうやって解決までの道筋をつけるのか、ということを今後はもっとどんどんと議論していくつもりです。

各地では、仮設住宅への入居が進んでいる状況です。しかし、仮設住宅は市街地からかなり遠いところに建設されているところが多く、「買い物に行けない」「病院までバスを乗り継がなければいけない」といった声が出ています。岩手県大槌町では、津波によって市街地が壊滅状態になってしまったため、お医者さんが各地に散らばっておられるそうです。仮設住宅も元々のバスの路線から離れた地域に建てられているため中々かかりつけのお医者さんのところまで行けないという声が出ています。

また、仮設住宅に入ると生活費がかかる、ということで中々入居されない方もいらっしゃいます。仮設に入ると隣の人が誰かもわからなくなる、という声も出ていて仮設への入居への不安も高まっています。

一方で、ボランティアの動きとしては見守り活動を展開していこうという動きが各地で出ています。社協を中心に移動カフェを行ったり、青空サロンを行いながら活動を広げていくような動きです。その中で、陸前高田市のある仮設団地では仮設住宅の支援に入っている団体同士で協議会を作って今後の方針を考えています。そこに地元の方も入って一緒に考えているところが良いのかなぁと思っています。こんな風にボランティアが傍にいて、なにかあればすぐ飛んでいくよ!という形がそれぞれの仮設の中で出来て行けば非常に心強いですね。

とにかく被災地は仮設住宅という段階に入ってきています。ROADプロジェクトでは引き続き足湯ボランティアを継続し、仮設住宅に寄り添っていけるように、と考えています。問題・課題はたくさんありますが、その中でしっかりと「一人ひとり」という原点を忘れないようにしなければいけません。
(頼政良太)

−−−−−−−−−−−−−−−−−
○ROADプロジェクトとは?
日本財団では「民による民のための災害緊急支援基金」を立ち上げ、そこに集められた募金をもとに、ROADプロジェクトを実施しています。ROADプロジェクトの一つに被災地への災害ボランティアの派遣があり、東京発の足湯ボランティアを現地へ送り込んでいます。その事業は日本財団と震災がつなぐ全国ネットワーク、東海地震等に備えた災害ボランティアネットワーク委員会が協力して行っています。その他にもさまざまな活動をしています。
詳しくはHP・ブログを参照してください。
HP:http://road.nippon-foundation.or.jp/
ブログ:http://road-nf.typepad.jp/michi/

「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ 
どんな困難も乗り越える力
  〜 Resilience will Overcome Any Disaster 〜
−−−−−−−−−−−−−−−−‐

∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇
ROADプロジェクト東京事務局
(日本財団/震災がつなぐ全国ネットワーク
 /東海地震等に備えた災害ボランティアネットワーク委員会)
             頼政 良太(被災地NGO恊働センター)
TEL:0120-65-6519(コールセンター) FAX:03-6229-5177 
∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇
posted by 被災地NGO恊働センター at 09:54| ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

【東日本大震災】レポートNo.107

本日は下記の内容をお送りします。

▼つぶやきから見える風景
▼日本財団ROADプロジェクトのご報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つぶやきから見える風景
………………………………………………………………………………………
私たちは災害直後から、「足湯」ボランティアが接した被災者の声を「つぶやき」と読んでご紹介してきましたが、そのつぶやきも時を経るにつれて変化し、人々の置かれている状況を映し出しています。改めて被災された方の思いに目を向け、寄り添い続けるため、「つぶやきから見える風景」と題していろいろな時期のつぶやきをご紹介していきます。

* * *
ホタテ、ワカメ、スキコンブ…これからだったのに全部パーよ。
何年か前に癌になって、抗癌剤治療を死ぬ思いでがんばって良くなったのに…。

今は食欲が無くて、ここの食事も半分しかとれなくて便秘なの。
こんなふうになったことないから、2日も便がないと気持ち悪くて。下剤飲んでるの。
仕事はもう年だからいいんだけどさ。働きすぎだって言われたこともあるし。
(4月10日、岩手県、60代女性)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本財団ROADプロジェクトのご報告
………………………………………………………………………………………
当団体スタッフの頼政良太を、4月より「日本財団ROADプロジェクト」事務局に派遣しています。状況をご報告致します。

* * *

日本財団ROADプロジェクトでは、3月25日より今までの間に延べ500人以上の足湯ボランティアを派遣しています。足湯ボランティアを送っている地域は北から遠野市(大槌町・釜石市・大船渡市・陸前高田市)、気仙沼市、石巻市、七ヶ浜町、郡山市です。今までのつぶやきも3000枚以上集まっています!

今後も継続して足湯ボランティアを派遣していきたいと思います。被災地では、避難所から仮設住宅への支援へと支援活動が変わってきつつあります。

ハード面で言えば、冬を乗り切れるかが心配という声が多く聞かれています。例えば、窓が二重ではないことや玄関からの吹き込みが心配、という声が出ています。東北地方の冬は厳しく、雪がたくさん降る地域もあります。仮設住宅とはいえ、冬に対する備えは必要でしょう。

仮設の入居に関して、「仕事が無い」「仮設に入った後の生活費が心配」「2年後に仮設から出た後が…」という先の見えない不安がつきまとっているようです。仮設住宅への支援というだけでなく、仮設から出た後も見据えた支援、雇用につながる支援をしっかりと考えながらやっていく必要があります。

今後もそれぞれの地域、一人ひとりに向き合った支援活動をしていきます。
(頼政良太)

−−−−−−−−−−−−−−−−−
○ROADプロジェクトとは?
日本財団では「民による民のための災害緊急支援基金」を立ち上げ、そこに集めら
れた募金をもとに、ROADプロジェクトを実施しています。ROADプロジェクトは、日
本財団と震災がつなぐ全国ネットワーク、東海地震等に備えた災害ボランティア
ネットワーク委員会が協力して行っています。
ROADプロジェクトの一つに被災地への災害ボランティアの派遣があり、東京発の
足湯ボランティアを現地へ送り込んでいます。
その他にもさまざまな活動をしています。
詳しくはHP・ブログを参照してください。
HP:http://road.nippon-foundation.or.jp/
ブログ:http://road-nf.typepad.jp/michi/

「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ どんな困難
も乗り越える力
  〜 Resilience will Overcome Any Disaster 〜
−−−−−−−−−−−−−−−−‐

∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇
ROADプロジェクト東京事務局
(日本財団/震災がつなぐ全国ネットワーク
 /東海地震等に備えた災害ボランティアネットワーク委員会)
             頼政 良太(被災地NGO恊働センター)
TEL:0120-65-6519(コールセンター) FAX:03-6229-5177 
携帯:090-5105-1406 E-mail:the_fool_chappy@yahoo.co.jp
∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇
posted by 被災地NGO恊働センター at 13:07| ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

【東日本大震災】レポートNo.9

発災から4日目を迎えて、ますます甚大な被害が明らかになっていっていますが、
支援活動も動き出しています。

今朝、市民キャビネット災害部会(事務局・さいたま市)が発信した「福島からの
避難民が米沢に来て、米沢市内の避難所に移る。毛布が500枚足りない」との呼
びかけに、静岡県ボランティア協会が手元に集まっていた毛布を提供し、今夜6
時に静岡からトラックで米沢市役所宛に移送しました。深夜には米沢に届く予定
です。この仲介をしていただいたのは生活クラブやまがた生協です。

点が線となり面となることをめざし、各地の小さな支援を積み上げていきたいと思
います。

●東北地方でのボランティア活動資金を募集しています。
●宮崎から東北へ、支援の輪を〜「野菜サポーター」を募集しています。
   振込口座:郵便振替01180-6-68556
   口座名義:被災地NGO恊働センター
   通信欄に、「東北地震支援」又は「野菜サポーター」と書いて下さい。
 http://www.pure.ne.jp/~ngo/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター 
   E-mail ngo@pure.ne.jp
   URL   http://www.pure.ne.jp/~ngo/
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702  
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by 被災地NGO恊働センター at 20:00| ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

【東日本大震災】レポートNo.6 各団体支援状況


東北地方太平洋沖地震に対する、様々な支援の動きをご紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………
<物資募集>
…………………………………………………………………………
●静岡県ボランティア協会:毛布・寄付を募集しています

「福島県の原発周辺地域の被災者に配布する毛布の絶対量が足りない、
毛布50,000枚を至急手配して欲しいとの要請が、被災地から
静岡県ボランティア協会に3月12日の午後あった。
要請を受け、本協会では毛布の提供を広く県民の皆さまに呼びかける事を決定
(他県からも協力可能)」

1.提供希望品  
毛布(新品の毛布、もしくは洗濯済みの清潔な毛布)

2.送付・お届け先及び時間
〒420-0856静岡市葵区駿府町1-70 静岡県総合社会福祉会館2階
特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会
電話054-255-7357
午前9時〜午後9時

3.附記
(1)毛布はご持参もしくは直接上記静岡県ボランティア協会事務局にご送付下さい。
(2)毛布を被災地にお送りする送料として、毛布1枚に付き1,000円のご支援をお願いします。
  (毛布と一緒に静岡県ボランティア協会にお送り下さい)
(3)毛布は順次被災地に静岡県ボランティア協会よりお送りさせていただきます。

※お問合わせ先
同上 
特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………
<外国人向け情報支援>
…………………………………………………………………………
●FMわぃわぃ
在日外国人向けの多言語による地震・津波情報を放送中。
次のページからインターネットでも聴けます。
http://www.tcc117.org/fmyy/internet/index.html
またFMわぃわぃのホームページでの多言語で情報を伝えています。
http://www.tcc117.org/fmyy/index.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………
<被災地にスタッフ派遣・募金受付など>
…………………………………………………………………………
※こちらについては、「Think the Earthプロジェクト」のサイトにも
わかりやすいまとめが載っています。
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/emergency/2011/03/post-2.html

●ジャパン・プラットフォーム
http://www.japanplatform.org/top.html
12日、名取市周辺でヘリコプターから視察
(ADRA、チャリティ・プラットフォーム、ピースウィンズ・ジャパン、
ジャパン・プラットフォームの5団体が協働)

●公益社団法人 Civic Force
http://civic-force.org/index.html
12日、名取市周辺でヘリコプターから視察
13日、即応チームが東京ヘリポートから宮城県石巻市に飛ぶ。
(ピースウィンズ・ジャパンスタッフも搭乗)

●ADRA Japan
http://www.adrajpn.org/
12日、スタッフが陸路で福島到着。13日は宮城に向かう予定。

●NPO法人 チャリティ・プラットフォーム
http://www.charity-platform.com/
募金受付中。集まった寄付は全額Civic Forceに引き渡し、
被災地支援に使われる。

●ピースウィンズ・ジャパン
http://www.peace-winds.org/
12日、名取市周辺でヘリコプターから視察(5団体協働)
動画あり http://www.youtube.com/watch?v=OHd88ZUABlA

●AMDA
http://amda.or.jp/
12日午前、第一次派遣。同午後、第二次派遣者が出発。

●国境なき医師団(MSF)
http://www.msf.or.jp/
12日、医師及び調整者が東京からヘリで出発。

●社団法人シャンティ国際ボランティア会
http://www.sva.or.jp/
週明けにスタッフ派遣

●難民を助ける会
http://www.aarjapan.gr.jp
職員派遣を決定

●(特活)ジェン(JEN)
http://www.jen-npo.org/
調査員派遣を決定も、12日の福島第一原発事故を受けて出動見合わせ

●国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン
http://worldvision.jp/news/news_0589.html
13日にスタッフを派遣・調査

●日本レスキュー協会
http://www.japan-rescue.com/top.cgi
11日、スタッフ3名、救助犬3頭を派遣。
13日、陸前高田での捜索活動をおこなうことに。

●公益社団法人 日本国際民間協力会
http://www.kyoto-nicco.org/
出動決定

●CANPAN
https://canpan.info/
募金受付中。
復興に向けた資金的支援のため、「民による民のための災害緊急応援基金」を立ち上げ。

●@nifty Web募金
http://donation.nifty.com/tokusetsu/
募金受付中

●Yahoo!ボランティア・インターネット募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/
募金受付中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………
■■■連絡先■■■
被災地NGO恊働センター
代表 村井雅清
所在地 神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL  078-574-0701
E-mail ngo@pure.ne.jp
URL   http://www.pure.ne.jp/~ngo/
posted by 被災地NGO恊働センター at 13:26| ネットワーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする