2011年09月28日

【8月の活動報告まとめ】野菜サポーター

【8月の活動報告まとめ】野菜サポーター

被災地NGO恊働センターは、「野菜サポーター」の皆さまからご協力いただいた寄付金で、宮崎県・新燃岳噴火で被災した地域の農産物を買い、東日本大震災の被災地にお届けしています。

8月分のご報告が遅れましたこと、野菜サポーターの皆様にお詫び申し上げます。
皆様のご支援のおかげで、8月は107便(合計248箱)を宮崎から東日本各地へお届けすることができました。3月13日の第1便以降、これまで約40ヶ所に1044便あまり、箱数にすると6022箱以上の野菜・ジュース・お菓子・お肉等をお届けしたことになります。多大なご支援、ありがとうございました。震災から半年近くが経ちますが、もうしばらくこの活動を続けていきます。

夏場に入り、常温保存可能な傷みにくい根菜類に絞ってお届けしていた野菜ですが、少し涼しくなってきたことと、東日本被災地の一部の支援団体が保冷庫を設置したことなどにより、クール便を使って再び葉もの野菜を少しずつ増やし始めています。被災地の方々が必要としている物をできるだけお届けできるよう、今後も状況を見極めながら対処していきたいと思います。皆様の引き続きのご支援、どうぞよろしくお願いします。

一方、宮崎では去る8月27日に「みやざきご当地グルメ選手権」が開催され、新燃岳噴火災害から復興すべく、高原町が<火山灰干し肉>で出場しました。辛くも2位でしたが、町内の元気づけになったそうです。また、8月20日には、野菜サポーター活動が24時間テレビの宮崎ローカル枠で紹介され、高原町からの中継で、地元の方々の元気な姿を拝見することができました。まだ大変な状況が続いていますが、こうして一歩ずつ復興の道を歩めるよう私たちも支援を続けていきます。

これからも野菜サポーターに応援よろしくお願いします。

8月のお届け
●岩手県遠野市:遠野まごころネット(4/6〜毎日、5/20〜ほぼ隔日発送)
●岩手県大船渡市:さんさんの会(8/3に発送)
●宮城県気仙沼市:東北広域震災NGOセンター(6/28〜毎週発送)
●宮城県石巻市:NPO法人 フェアトレード東北(4/21、4/29〜ほぼ隔日発送)
●福島県いわき市:いわき地区NPOネットワーク(7/12〜毎週発送)
●福島県郡山市:ハートネットふくしま(4/16〜週2回発送)

※上記に加え、たかはるハートム(宮崎県高原町のNPO法人)様のご紹介で、 岩手県(大槌町)、宮城県(石巻市、気仙沼市、南三陸町、村田町)、福島県(いわき市、川内村)などの被災者支援協力者に、合計27便(8/29まで集計分)を発送しました。

以上です。
posted by 被災地NGO恊働センター at 18:47| 【まとめ】野菜サポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

【7月の活動報告まとめ】野菜サポーター

【7月の活動報告まとめ】野菜サポーター

被災地NGO恊働センターは、「野菜サポーター」の皆さまからご協力いただいた寄付金で、宮崎県・新燃岳噴火で被災した地域の農産物を買い、東日本大震災の被災地にお届けしています。

みなさまのご支援のおかげで、7月は207便(合計452箱)を宮崎から東日本各地へお届けすることができました。3月13日の第1便以降、これまで35ヶ所以上に930便あまり、箱数にすると5,770箱以上の野菜・ジュース・お菓子・お肉等をお届けしたことになります。多大なご支援、ありがとうございました。ご支援いただく方には、2回目、3回目と複数回に渡って募金される方、毎月募金いただく方など、継続的にサポートしていただく方々がおられ、震災から5ヶ月が経とうとしている現在もこの活動を続けることができています。

被災地の様子ですが、避難所が次々に閉鎖され、仮設住宅などへの移行が更に進んでくる中で、自炊される方が増えています。このような状況ですが、現地で活動されている団体や協力者の方々のおかげで、在宅避難者や仮設住宅にお野菜が届けられています。野菜の種類については、被災地でも暑い日が続いているため、一部地域で復旧したクール便を使っても保管時に葉もの野菜などは傷むことが増え、現在は常温保存可能な傷みにくい根菜類を中心にせざるを得ない状況になっています。私たちも、新鮮な葉もの野菜や果物をお届けしたいと思いつつ、野菜を無駄にしないよう、秋口までは根菜類に一部野菜・果実ジュース(宮崎県内農産物を使用)を組み合わせて対処していきたいと思います。無駄を少なくするためにも、常にお届けした野菜の状態を確認しつつ、被災地の方々の声を聞きながら、引き続き協力者の方を通じて活動を行ってまいります。

一方、宮崎・新燃岳(霧島山)は6月29日に続いて8月6日にも再び噴火しました。大きな被害は今のところ報告されていませんが、噴火活動が活発化する恐れもあるとして、鹿児島地方気象台は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続しています。こうした状況で、宮崎の農家さんも不安な日々を送りながらも、東日本被災地へ野菜を送り続けてくれています。

これからも野菜サポーターに応援よろしくお願いします。

7月のお届け
●岩手県遠野市:遠野まごころネット(4/6〜毎日、5/20〜隔日発送)
●宮城県気仙沼市:東北広域震災NGOセンター(6/28〜毎週発送)
●宮城県気仙沼市:東日本大震災支援市民活動ネットワーク宮城(7/15に発送)
●宮城県仙台市:(財)国際飢餓対策機構(4/6〜ほぼ毎日発送)
●宮城県石巻市:NPO法人 フェアトレード東北(4/21、4/29〜隔日発送)
●福島県いわき市:NPOこみゅーん「Commune with 助産師」(4/13〜7/5まで毎週発送)
●福島県いわき市:いわき地区NPOネットワーク(7/12〜毎週発送)
●福島県郡山市:ハートネットふくしま(4/16〜週2回発送)

※上記に加え、たかはるハートム(宮崎県高原町のNPO法人)様のご紹介で、岩手県(大槌町)、宮城県(石巻市、気仙沼市、南三陸町、村田町、矢本町)、福島県(いわき市、川内村)などの避難所や被災者支援協力者に、合計53便を発送しました。

0717東日本大震災支援市民活動ネットワーク宮城(気仙沼中学).JPG
▲7月17日、宮城県の気仙沼中学校で行われた炊き出しに使われました。(東日本大震災支援市民活動ネットワーク宮城様による実施)

0707フェアトレード東北 野菜到着写真.jpg
▲宮城県石巻市に届けられた宮崎からの野菜です。(フェアトレード東北様 写真提供)

以上です。
posted by 被災地NGO恊働センター at 10:23| 【まとめ】野菜サポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

【6月の活動報告まとめ】野菜サポーター

【6月の活動報告まとめ】野菜サポーター

被災地NGO恊働センターは、「野菜サポーター」の皆さまからご協力いただいた寄付金で、宮崎県・新燃岳噴火で被災した地域の農産物を買い、東日本大震災の被災地にお届けしています。

最近では、避難所から仮設住宅などへの移行に伴い、各家庭での調理用に使っていただくケースが増えてきています。現場で活動している団体の方々のおかげで、野菜が到着すると迅速に、有効に配布していただいています。もちろん、被災地内の経済復興についても考えていかないといけません。「これからは地元を元気づけるため、地元の商店で買います」と伝えて下さった方もいます(岩手県山田町)。一方、避難所や、まだ買い物がしにくい地域では引き続き活用いただいています。

みなさまのご支援のおかげで、3月13日の第1便以降、これまで35ヶ所以上に約730便、箱数にすると5300箱以上の野菜をお届けすることができました。さて、梅雨に入り、6月後半からは気温もかなり上がり、野菜が傷みやすくなってきました。被災者の方に安全で美味しい野菜を食べていただくために、そしてせっかくのご支援を無駄にしないためにも、7月からはじゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、ごぼうなど傷みにくいものを中心に野菜ジュースなども含め、少しペースを落としてお届けしていきます。

なお、最近宮崎では大雨が続き、新燃岳の麓に住む方々は土石流を心配しています。6月16日には都城市が一時避難勧告を出す事態となりました。また、6月29日の噴火では、新燃岳の北西にあたるえびの高原の方に灰が流れています。1月の大規模な噴火から春先までは、東や南方面への降灰が中心でしたが、季節による風向きの変化で降灰の被害を受ける地域も変わってきています。空気に硫黄の臭いが混じる日もあり、そんなときはやはり噴火が不安になると、高原町のスタッフMさんは話していました。こうした中、宮崎の農家さんは、被災地の方たちに野菜を食べて元気になってもらえることが自分たちの励みになるともおっしゃっています。この取り組みを知って、自分たちも宮崎野菜を食べたい、イベントで売りたいと、購入して下さった関西の支援者もいます。

これからも野菜サポーターに応援よろしくお願いします。

6月のお届け
●岩手県遠野市:遠野まごころネット(4/6〜毎日、5/20〜隔日発送)
●岩手県大船渡市:さんさんの会(4/30〜6/17まで毎週発送)
●宮城県仙台市:(財)国際飢餓対策機構(4/6〜ほぼ毎日発送)
●宮城県仙台市:スポ・アート サポートみやぎ(6/5、6/19に発送)
●宮城県石巻市:詠厳寺(私設避難所)(4/20〜6/1まで4日毎に発送)
●宮城県石巻市:NPO法人 フェアトレード東北(4/21、4/29〜隔日発送)
●宮城県宮城郡七ヶ浜町:生涯学習センター避難所(5/9〜6/18まで2週間毎に発送)
●福島県いわき市:NPOこみゅーん「Commune with 助産師」(4/13〜毎週発送)
●福島県郡山市:ハートネットふくしま(4/16〜週2回発送)
※上記に加え、たかはるハートム(宮崎県高原町のNPO法人)さんの紹介で、岩手県(盛岡市、山田町、大槌町)、宮城県(石巻市、南三陸町、村田町、気仙沼市、矢本町)、福島県(安積町、いわき市)などの避難所や被災者支援協力者にも発送しました。

以上です。

201106 倉庫保管の宮崎野菜.jpg
▲宮城県の支援団体倉庫にて。被災者の方々が、必要な野菜をそれぞれ選んで持って帰っています。

110604_2115_02.jpg

20110618120645.jpg
▲ネットワークみやぎさん(スポアート・サポートみやぎさんの加盟組織)の炊き出しイベントの様子



posted by 被災地NGO恊働センター at 11:14| 【まとめ】野菜サポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

【5月の活動報告まとめ】野菜サポーター

【5月の活動報告まとめ】野菜サポーター

被災地NGO恊働センターは、「野菜サポーター」の皆さまからご協力いただいた寄付金で、宮崎県・新燃岳噴火で被災した農家さんから農産物を買い、東日本大震災被災者への支援活動に活用させていただいております。

宮崎県からの野菜は炊き出しに使われたり、避難所で被災者の方が自ら調理される際の材料となったり、在宅避難者に配布・提供されています。みなさまからの多大なるご支援のおかげで、3月13日の第1便から始まった野菜のお届けは、これまでに18ヶ所に180便以上を数えるまでになりました。

先日、宮崎県で野菜の手配をしてくださっている方が、宮城県と岩手県の被災地を訪れ、野菜の利用状況などを視察しながら、新燃岳の農家さんの思いを伝えていらっしゃいました。訪問先では、宮崎からの野菜提供に感謝の言葉もたくさんかけられ、被災地から被災地への思いを繋ぐこともできました。

ひろば掲示板_s.jpg
宮崎・新燃岳から岩手の被災者へのメッセージが、野菜と共に届きました。「一緒に立ち上がろう!」 (岩手県大槌町)

宮崎部隊活躍中_s.jpg
被災された主婦の方たちと、宮崎から訪れたメンバーが一緒に、新燃岳の野菜を使って中華スープを作りました。この様子はレポートNo.94でもご紹介しています。(岩手県大槌町)

以下に、5月分の宮崎からの農畜産物お届け状況を、まとめてご報告いたします。

定期便
●岩手県遠野市:遠野まごころネット(4/6〜毎日、5/20〜隔日発送)
●岩手県大船渡市:さんさんの会(4/30〜毎週発送)
●宮城県仙台市:(財)国際飢餓対策機構(4/6〜ほぼ毎日発送)
●宮城県石巻市:詠厳寺(私設避難所)(4/20〜4日毎に発送)
●宮城県石巻市:NPO法人 フェアトレード東北(4/21、4/29〜隔日発送)
●宮城県宮城郡七ヶ浜町:生涯学習センター避難所(5/9〜2週間毎に発送)
●福島県いわき市:NPOこみゅーん「Commune with 助産師」(4/13〜毎週発送)
●福島県郡山市:ハートネットふくしま(4/16〜週2回発送)

以上です。
posted by 被災地NGO恊働センター at 14:12| 【まとめ】野菜サポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

【5月の活動状況(中間報告)】野菜サポーター

【5月の活動状況(中間報告)】野菜サポーター (5月20日更新)

被災地NGO恊働センターは、「野菜サポーター」の皆さまからご協力いただいた寄付金で、宮崎県・新燃岳噴火で被災した農家さんから農産物を買い、東日本大震災被災者への支援活動に活用させていただいております。

関西でも初夏の陽気を感じる暖かい日々が続いていますが、被災地でも朝夜はまだ寒いものの、桜が咲き始め、木蓮、芝桜など一斉に草花が咲きほこっています。そのなかで春を感じさせてくれる宮崎からのイチゴやトマトは大変喜ばれています。

5月4日に開かれた「まごころ広場うすざわ」にてイベントが行われました。これはレポート75でもご紹介を致しました被災者の方が運営される「復興食堂」です。
そちらで被災者の方々へモツ煮込みが出されました。また宮崎からのイチゴが出され、トマトは来られた方々へお配りしました。


P1010777_s.jpg


P1010773_s.jpg

宮崎からの定期便が以下のように発送されています。現地の避難所の状況はまだ様々ですので必要とされているところがありましたら随時ご相談ください。



定期便(5月20日現在)

●岩手県遠野市:遠野まごころネット(4/6〜毎日発送)
●岩手県大船渡市:さんさんの会(4/30〜毎週発送)
●宮城県仙台市:(財)国際飢餓対策機構(4/6〜ほぼ毎日発送)
●宮城県石巻市:詠厳寺(私設避難所)(4/20〜4日毎に発送)
●宮城県石巻市:NPO法人 フェアトレード東北(4/21、4/29〜隔日発送)
●宮城県宮城郡七ヶ浜町:生涯学習センター避難所(5/9〜2週間毎に発送)
●福島県いわき市:NPOこみゅーん「Commune with 助産師」(4/13〜毎週発送)
●福島県郡山市:ハートネットふくしま(4/16〜週2回発送)


以上です。

posted by 被災地NGO恊働センター at 15:10| 【まとめ】野菜サポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする